いぼを解消しよう|効果的な治療法といぼの種類とは

いぼの種類を見てみる

婦人

いぼに悩まされている人は少なくないでしょう。いぼはすぐ広まるので、気づいたら体中に発生したなんてこともあります。いぼ取り用の治療薬やパッチなどが薬局で販売されていたり、病院でも専門の外来が設置されているので、いぼの悩みを抱えている人が多いことが分かります。一概にいぼと言ってもその種類は色々とあり、発生する原因や発生しやすい場所が異なっていきます。そのため、すべてのいぼに対してこうすればいい、と断言することは出来ません。いぼになってしまったときは、発生した場所や状況などを読み取って、どの種類のいぼなのかを考えることが重要になっていきます。こういった種類の特定は、病院の検査を行なうことで簡単に判明出来ますよ。もしいぼが出来始めた段階であるなら、早期に種類を特定することが出来て、今後の予防や対策を自分でも考慮することが可能です。こういった事から種類について把握しておいた方が良いでしょう。

いぼにはウイルスに感染して現れるタイプと加齢や肌へのダメージが原因で発生するタイプがあります。ウイルス性だと「ヒトパピローマウイルス」が感染してできるもので、肌に触れたり同じタオルなどを使用すると人から人へと感染することが考えられています。一方で老人性と言われているいぼは遺伝や紫外線が原因で現れています。そのため、人に感染するという心配はないでしょう。また、老人性は20~30代の比較的若い世代にも出来る可能性があるため、美容外科などで治療を受ける人が増えています。顔にもいぼが発生することがあり、顔に出来るものは尋常性疣贅と呼ばれるゆっくりと増えるタイプと、青年性扁平疣贅という早く広がってしまうタイプがあります。これらは両方ともウイルス性になっています。顔に発生してしまうものは10~20代の女性を中心に多くみられます。少し盛り上がったものが顔に発生してしまいますが、肌色のものはニキビと似ているので間違いやすいです。また、数ミリと小さいので、1~2週間で自然消滅する場合もありますよ。しかしながら、再発を繰り返していくので放置するのではなくて、ちゃんと皮膚科や美容外科で適切な治療を受けることが大事です。

TOP