いぼを解消しよう|効果的な治療法といぼの種類とは

いぼを事前に予防する

女性

いぼを治療する際にかかる費用はいくらかかるのでしょうか。いぼは数や状態によっては1回の治療で終わることなく、何回も通院しないといけない場合もあるので、事前に治療費のことは把握しておくことが大事ですよ。いぼの治療で保険が適用されるのは、凍結療法と呼ばれる液体窒素を用いた施術になります。これは1回1000円ほどで治療を受けることが出来るので、結構お得です。また、液体窒素と漢方療法を一緒に行なっても、薬代を含めて1か月の治療代は大体3000~4000円くらいでしょう。ここで注意してほしいのが、保険が適用できない治療法もあるので、治療前にちゃんと把握しておくと良いですよ。基本的に美容外科などで行なうことが出来るレーザー治療は自由診療となり、全額自費負担になります。1か所につき、高いところだと3万円近くかかる場合もあります。いぼ治療に使用されるレーザーは主に炭酸ガスレーザーやヤグレーザーなどがあります。また、皮膚の薄い顔に出来たいぼもレーザー治療向きになっています。治療費が高い点がありますが、痛みや傷跡が残らないレーザー治療を選択する人も多くいますよ。

いぼの治療費を見てみましたが、まずいぼを発生させないために日常生活から色々と予防をしておきましょう。いぼの発生を予防したりすることは簡単ではありませんが、何かしらの前触れや兆候があったり、普段とは全く違う行動をとった際に発生してしまうものであれば、予防したり対策することは容易いでしょう。ですが、多くの場合はいぼは突然発生してしまいます。前触れや特別な行動もなく急に発生してしまいます。そのため、事前の対策は非常に困難に思えてしまいます。しかし、ウイルス性のいぼや老人性のいぼもある程度は抑止することが可能ですよ。ウイルス性の予防対策として、感染の疑いがあるような人や物になるべく近づかないことが重要になります。ウイルス性のいぼに感染している人とは物を共有しないこと、触れたものはしっかりと殺菌をしてウイルスを付着したままにしないことが肝心です。また、老人性の場合は文字通り加齢によって発生するので、なるべく肌にダメージを蓄積しないようにすること、新陳代謝を活性化させることが有効になります。肌を劣化させる原因として紫外線の影響がありますので、紫外線対策を行なうと良いでしょう。あとは新陳代謝を活性化させるためにも十分な睡眠や適度な運動を確保するようにしましょう。

TOP